幸せの瞬間を演出する仕事|憧れの建築業界に入りたいなら専門学校へ行こう

憧れの建築業界に入りたいなら専門学校へ行こう

女性

幸せの瞬間を演出する仕事

花嫁

さまざまな夢を具体化する

近年は、若い女性を中心としてブライダル業界で働くことを希望する人が増えてきています。結婚は人生における幸せのピークの1つであり、そうした場に立ち会えることは大きな喜びとなります。加えて、服飾や料理など、結婚式は女性ならではの知識を生かすまたとない機会でもあります。結婚式に関わる職業の中でも、特に人気が高いのがウェディングプランナーです。ウェディングプランナーは、結婚するカップルの依頼に応じて理想の挙式プランを具体化し、実行するための責任者的立場に立つ職種です。特別な資格などは必要ありませんが、ブライダル業界が独自に認定している民間資格があり、多くのウェディングプランナーはその資格を取得したうえで実際の仕事に携わっています。

幅広い知識が必要

ウェディングプランナーの仕事は多岐にわたります。まず、カップルから挙式のスタイルに関する希望を聞き取り、プランニングを行います。後はそれを具体化するための手続きを進めますが、会場の確保や内装の仕上げ、料理の手配、ドレスの準備など挙式に係るあらゆることに目を配ります。もちろん予算の管理も必要です。そして当日は式がスムーズに行われるよう、全体の進行をチェックします。このことからも分かるとおり、ウェディングプランナーには幅広い知識が要求されます。そのため、この仕事に就くことを目指す人は、まずは専門学校等で必要な知識や技能を学んでから就職に臨むのが一般的です。専門学校の中には、資格認定団体の指定校になっているところもあります。